『日本の妖怪カード』ができるまで その1

『日本の神様カード』というものがあるのだから、
『日本の妖怪カード』があっても良いのでは?!

という、我ながら謎すぎる発送から企画をスタートさせた『日本の妖怪カード』。ご縁のあったオラクルカード・タロットカード専門の出版社である〈株式会社ヴィジョナリー・カンパニー〉さまに提案すべく、企画書というものを作ってみたのが2008年ごろだったと記憶しています。

上の画像が、その時に作った企画書です。
今、改めて見返すと面白いものですね(他人事……)。

・とにかく勢いだけはすごい。
・文字が細かい。これを提出されたら、読むのは大変だっだことでしょう……。
・妖怪に興味がないととにかくツラい妖怪名の羅列。

などなど、セルフツッコミどころ満載の企画書ではありますが、兎にも角にもこのA4用紙4枚の企画書から『日本の妖怪カード』の制作がスタートしたのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。